トレンドアフィリエイトの基礎知識⑥常時SSL化とワードプレスの設置

 

現在のサイトは、SSL化するのが常識になっています。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、サイトの安全性を確保する機能です。

サイトの安全性を高めるため、SEOにも影響する常時SSL化を設定しましょう。

洋一郎です。

 

常時SSL化は、セキュリティ強化だけでなく、ユーザーの信用にも関わってきます。

SSL化の設定は、サイトの運用始めてからでは結構面倒です。

 

サイト内のアドレスなどを全部確認していかないといけないからです。

面倒を避けるため、SSL化はサイト立ち上げの時にやっておきましょう。

 

この記事を見て、手順通りにやれば簡単に設定できますよ。

それでは、見ていきましょう。

 

SSL設定

 

例えば、多くのURLはhttp://〇〇〇.〇〇という形になっていますが、SSLに対応すると、https://〇〇〇.〇という形になります。

 

https ←このs部分です。://〇〇〇.〇〇

 

このsがついている事がSSL設定が済んだ安全なサイトであるか、そうでないサイトであるかを見分ける方法です。

 

グーグルクロームでもSSL設定がされていないホームページは、URL欄が下記のように表示されてしまいます。

 

これに対してSSL対応済のサイトの場合は、南京錠のマークがついています。

 

この設定は、出来上がったサイトに後から設定するのは非常に手間ですが、サイト作成時なら簡単に済ませることが可能です。

ロリポップサーバーのSSL設定

ロリポップの標準装備の独自SSLを設定します。

1 ロリポップにログイン

ロリポップのHPからログインします。

 

2 独自SSL証明書導入をクリック

セキュリティから、独自SSL証明書導入をクリックします。

 

3 無料独自SSLを設定

「無料独自SSLを設定する」をクリックします。

 

4 SSL保護有効

「SSL保護無効」をクリックすると、「SSL保護有効」になります。

 

これで、ロリポップの無料SSL設定は終わりです。

PROにアップグレートする場合は、有料になります。

こちらは、結構費用がかかるという感じですね。

個人のブログでは、無料SSLでも十分でしょう。

 

 

常時SSL化

サーバー会社が提供してくれる独自SSLの設定が完了しても、外部からは、自動的に「https://〇〇〇.〇〇」のURLへは転送されません。

 

Webサイトにおける全ての表示を「常時SSL化」する場合は、「.htaccess」を編集しなければいけないからです。

.htaccessって何?

.htccessとは一般的に下記の様に説明されています。

htaccess」(エイチティアクセス)とは、現在多くのWebサーバーで使用されている「Apache」(アパッチ)を制御する設定ファイルの1つです。
htaccessを利用することで、さまざまな設定を行うことができます。
例えば、
「特定のディレクトリにアクセスしたら、パスワードを要求したい」
サーバーの移転を行ったので、新しいページに転送(リダイレクト)したい
「携帯電話以外からアクセスできないようにしたい」
その他、多くの設定を行うことができます。

 

内容は、専門的でわかりにくいです^^。

一言で言えば、htaccessを利用することで、さまざまな設定を行うことができる

これだけ覚えておきましょう。

 

そして、ここでは、SSL化を完全にするため、.htaccessを利用して、

「新しいページに転送(リダイレクト)する」

の部分をを利用するわけです。

 

ロリポップの、「よくある質問」の回答にも次のように紹介されています。

 ※「http://」にアクセスした際に「https://」へリダイレクトさせたい場合、
 「.htaccess」ファイルにて、リダイレクトの設定を行う必要がございます。

ロリポップで、.htaccessを編集

それでは、実際に.htaccessを編集してみましょう。

ロリポップサーバーにログインした後から説明します。

1 サーバーの管理・設定からロリポップFTPを起動

ロリポップFTPをクリックします。

 

2 該当するサイトにチェックを入れ、フォルダ名の所をクリック

ロリポップFTPの画面になります。

該当するブログフォルダ名をクリックします。

 

4 該当するファイル名の中から、.htaccessをクリック

ファイルの一覧が表示されました。

この中から.htaccessを探します。

 

5 .htaccessを編集

.htaccessをクリックします。

.htaccessの内容が表示されたら、一番上に下記データを貼り付けます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

 

最後に「保存する」をクリックします。

.taccessを保存しました」が表示されれば、正常に上書きされました。

 

これで常に保護された状態になります。→常時SSL化ができました

自分のサイトに再度ログインして、南京錠マークが出ているか確認して下さい。

 

 

ワードプレスのインストール

 

自分のブログにワードプレスをインストールしましょう。

1 WordPress(ワードプレス)の簡単インストール

ロリポップにログインし、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

 

2 ワードプレスをンストールします。

ワードプレスをインストールするドメインを選び必要事項を記入します。

 

・サイトURL
ムームードメインなどでで取得したドメインです。

・サイトのタイトル
作成するサイトの名前です。(後から変更できます)

・ユーザー名
ワードプレスにログインするときに使うユーザーの名前

・パスワード
ワードプレスにログインするときに使うユーザーのパスワード

・メールアドレス
ワードプレスユーザーのメールアドレス

・プライバシー
検索エンジンに登録するか否か(登録しましょう!)

入力できたら、一番下の「入力内容確認」をクリックします。

 

3 問題無ければインストール

 

内容を確認し、問題が無ければ「・インストール」をクリックします。

インストールが開始され、数分でインストールが完了します。

正常にインストールが完了いたしました。」という画面が出てきたら、ワードプレスインストールは完了です!

 

4 ワードプレスにログイン

自分のURLをGoogle Chromeの検索窓に記入し、検索するとワードプレスのログイン画面が出てきます。

 

そこに、ロリポップで記入した、IDとパスワードを記入すると、ダッシュボードの画面が表示されます。

 

ここからブログを開始されることになります。

まとめ

ここまで、ロリポップサーバーのレンタルやドメイン取得、SSL化、ワードプレスのインストールをしてきました。

ブログを作るための形はできました。

最近のレンタルサーバーは、ほとんどワードプレスの簡単インストールができるようになっています。

操作も簡単なので心配することはありません。

 

ここまで、何となく下地ができ上がってきて不安なこともあると思いますが、これから、サイトを操作していくとだんだんその操作や特徴がわかってきます。

 

そうなれば、こっちのものです。

 

どんどん、サイトを「いじって」自分のものにしていきましょう。

 

洋一郎でした。

コメント