初心者必見!ブログにタイトルを付ける時のポイント5つを紹介!

 

アフィリエイトを実践する時に最初することが、タイトルを考えることです。

そのタイトルを付ける時に気を付ける「5つのポイント」を紹介したいと思います。

洋一郎です。

 

読者に興味を持ってもらえるタイトルは大事です。

しかし、タイトル作りには悩みます。

私もタイトル考える時は、何回も作っては、やり直しています。

 

今回は、これをやっておけば、タイトル作りは大丈夫かな?ということをまとめてみました。

この記事を読んで頂ければ、タイトル作りのポイントが分かるのでタイトル作りの時間が短縮するはずです。

 

それでは見ていきましょう

ポイント1 「役に立つ」記事だと分かるタイトル

 

タイトルは、読者にとって「役に立つ記事」と伝わるようなタイトルがいいでしょう。

なぜなら、読者はタイトルを見てその記事が自分にとって役に立つか、解決しそうかで、読むかどうかを決めるからです。

具体的には、読者は今自分が抱えている問題や悩みを解決したい、願望を叶えたいと思っています。

 

例として「中年男性の抜け毛対策」を知りたい人が、「日本には抜け毛の人がたくさんいます」というタイトルを見ても「へ~そうなんだ」で終わりです。

 

このような場合は、「○○の方法」「○○の秘訣」などの言葉を使って、「役に立つ事」が分かるタイトルを意識するということです。

 大げさなタイトルはNG!

大げさなタイトルはやめておきましょう。

大げさなタイトルに魅せられ、見てみたら「中身ゼロ」だったら、読者はあなたのブログに二度と来てくれなくなります。

例えば、「減量成功率100%!驚異のダイエット方法を伝授します」というタイトルで読んでみたら、中身は1ヶ月断食しましょう、と書いて完全にアウトですよね?

 

この記事のおかげで、記事一つだけでなく、あなたのブログ全ての信用を失います。

ですから、「大げさなタイトル」を付けるのは絶対にやめておきましょう

ポイント2 「分かりやすい」タイトル

 

タイトルはわかりやすくしましょう。

読者は、分かりにくいタイトルを見ると読みたいとは思わないからです。

皆さんそうだと思います。

漢字が一杯使ってある長文をスマホで見た瞬間、うわーってなりませんか?

分かりやすいタイトルにするには、以下の事を気を付けましょう。

 誰もが知っている言葉を使いましょう。

聞いたことが無い、または知らない言葉がタイトルにあれば、自分には関係ないと思いますし、難しい漢字が並んでいるとクリックしませんよね?

ですから、誰もが知っているやさしい言葉でタイトルを付けましょう。

 具体的な数字をタイトルに入れる。

具体的な数字をタイトルに入れると説得力が出ます。

そして、数字を見た瞬間、その「数字の通りにすれば問題が解決するんだ」という気持ちになります。

 

使い方の例です。

「抜け毛が簡単に治る6つの習慣」

「ダイエットに効果的な5つの運動」

「高級食材が50%引きで買える方法」

 

実際にこの方法を使っている本が、「7つの習慣」や「人は伝え方が9割」などです。

 

ただし、ここでも大げさな数字はNGです。

例えば

「この方法は100%確実!」

「99%の人が成功しています!」

などです。

大げさな数字、過大な数字はやめておきましょう。

数字をできるだけタイトルに入れて、説得力を持たせましょう。

ポイント3 タイトルに「キーワード」を入れる。

 

タイトルには、検索エンジンに表示さたいキーワードを入れましょう。

これは、「検索エンジンは、キーワードを含んだタイトルのページを上位表示しやすい」傾向にあると言われているからです。

 

例えば、「中年女性 ダイエット おすすめ」というキーワードで検索上位表示を狙うためには、タイトルにそのキーワードを入れます。

そうする事で検索エンジンがキーワードを認識し、結果に表示されます。

検索キーワードがタイトルに入っている事で、検索したユーザーから「知りたい情報が書いてあるかも?」とクリックされやすくなります

タイトルには、実際に検索されことを期待して、キーワードをしっかり入れて下さい。

タイトルの一番左に、表示させたいキーワードを入れる。

タイトルの一番左側は、表示させたいキーワードを書き込んで下さい。

これは、検索するユーザーに分かりやすくするためです。

日本語の横書きは、左から読みますよね。

ですから、左端に知りたいキーワードがあると目に付きやすく、興味が湧きやすくなります。

また、検索エンジンも左の文字から読み込んでいるので、一番左側は重要です。

ここにキーワードがあれば、検索エンジンは、「このサイトのキーワードはこれね!」と理解してくれるからです。

たとえ長いタイトルになった場合でもメインキーワードは、できるだけ左に書くように意識して下さい。

 タイトルの文字数は32文字以内まで

タイトルの文字数は、32文字以内にした方が良いとよく言われます。

これは、パソコンの場合、検索結果の画面では記事タイトルが表示されるのが32文字です。

それを超えると「・・・」という表示になってしまうからです。

 

SEO上は、あまり関係ないという意見もあるので、近頃のタイトルを見るとこだわっていないものもあります。

サイトを作っている人達でも、気にする人もいれば気にしない人もいます。

 

見た目からしても、32文字以内に納め、タイトル全部を表示させてあなたの記事を知ってもらうようにした方が、親切で良いでしょうね。

ポイント4 自分オリジナルの記事タイトル

できるだけ自分で考えたオリジナルなタイトルを付けましょう。

なぜなら、オリジナルタイトルは、他サイトと差別化できるからです。

また、他のサイトと似ていると目立ちません。

 

例えば・・・

「ダイエット奮闘日記」というタイトルと、「メタボ中年男性がダイエットに初挑戦!その全記録」というタイトルがあります。

あなたならどちらを選びますか?

「メタボ中年男性がダイエットに初挑戦!その全記録」を選ぶと思います。

 

さらに、具体的に対象者を絞り込む事で、興味がわき、見てみようかな、と思います。

検索順位が10位ぐらいまでのタイトルを呼んでみて、タイトルが似たものにならないように、できるだけオリジナルタイトルになるように意識しましょう。

ポイント5 読者の目を引く表現を使う!

タイトルには、読者の目を引く表現を入れましょう。

以下の例を見て参考にして下さい。

 内容が簡単である事がイメージできる表現

「1日5分で出来る○○」

「最低限○○を実行すれば完成」

「最短で〇〇ができる方法」

知りたいと思わせる表現

「絶対に知っておきたい○○」

「○○をする前に知っておきたい3つのこと」

「○○するならこれ一択」

 お得感をイメージさせる表現

「○○する方法を無料で公開」

「無料で始める○○」

 注意や驚きを与える表現

「要注意!○○しないために必要な5つのポイント」

「○○するだけではダメ!本当に正しい○○する方法」

 その道のプロが教える表現

「○○のプロが教える○○」

「現役が〇〇を教える~」

「心臓外科医に聞いた〇〇する方法」

初心者のためのわかりやすい表現

「初心者でもできる○○」

「誰でもできる〇〇~」

「〇〇は、この通りにやれば出来る」

 まとめ系の表現

「○○のまとめ10選」

「○○する方法【永久保存版】」

 まとめ

 

記事タイトルは、一種のキャッチコピーと思ってもいいでしょう。

キャッチコピーの出来具合で読者に見て貰えるかどうかが決まります。

 

  1. 「役に立つ」記事だと分かるタイトル
  2. 「分かりやすい」タイトル
  3. タイトルに「キーワード」を入れる。
  4. 自分オリジナルの記事タイトル
  5. 読者の目を引く表現を使う!

 

これらの5つのポイントを押さえて、読者を引きつける魅力的なタイトルを作って下さい。

 

洋一郎でした。

コメント