初心者向け!読者を引きつける記事の構成とは?

 

ブログの文章でSEOに強い書き方と言われているテンプレート(ひな形)は、シンプルです。

洋一郎です。

 

ここでは、SEOに強いと言われるブログのシンプルな構成について解説します。

 

シンプルな構成の一例として下記のようなものがあります。

  1. タイトル
  2. 導入文
  3. 本文
  4. 行動を促す

 

ブログの書き方には悩みます。

どんな順番でどんな風に書いていいのか?

 

私も最初は、書くのに1記事書くのに丸一日なんてことがよくありました。

そこで登場するのがテンプレートですね。

ひな型(この表現は古いですね。)とも言います。

 

初心者の方は、このテンプレートに当てはめた方が迷わず早く書けます

ぜひこのテンプレートを参考に記事を書いてみて下さい。

 シンプルな記事の書き方テンプレート

 

基本的なシンプルテンプレートを、下の図に示します。

ものすごくシンプルです。

一つずつ見ていきましょう。

 

 

 タイトルを付ける。

最初は、タイトルを付けます。

読者の人達は、検索結果に表示されたタイトルを見て、自分が必要としている、興味がある情報かどうか判断してクリックしてくれます。

ここで、タイトルの出来具合で、記事が読まれるかどうかに分かれるわけです。

タイトルの詳しい記事は、また別の記事で紹介しますね。

 導入文を書く。

次が導入文を書きます。

タイトルを見てクリックしてくれた読者に、もっと興味を持ってもらいます。

導入文は、下の項目を意識して書いていきます。

  1. 記事で一番伝えたい事(結論)
  2. 共感
  3. メリットの明確化
  4. 本文への導入

 

導入文の詳しい記事はまた別の記事で紹介しますね。

本文を書く。

本文は、キーワードを入れ込んだ見出しとその内容で書いていきます。

迷わず書くコツとしては、書く内容を下の手順で、先に決めておくことです。

 

  1. キーワードで情報収集
  2. 記事にしたい内容を2~3選ぶ
  3. 選んだ内容に見出しを付ける。
  4. 見出しの内容で文章を書く。

 

そして本文は、プレップ法(PREP法)で書くと分かりやすい文章が書けます。

プレップ法(PREP法)の詳しい記事はまた別の記事で紹介しますね。

行動を促す。

最後にブログに来てくれた読者に行動を促します。

ここでは、読者にしてもらいたい行動を文章にします。

文章は、直球(ストレート)で書きます。

 

例文です。

  • ここまで読んだ事を「試してみて下さい。
  • ここまで読んだ事を「実践してみて下さい。
  • ここまで読んだ事を「考えてみて下さい。
  • ここまで読んだ事を「やってみて下さい。
  • ここまで読んだ事に「トライしましょう。

 

人は、促されることで行動しやすくなります。

ここで読者が行動してくれれば、自然にあなたの記事を思い出して、ファンにもなってくれます。

 

初心者は、最初はテンプレートを使いましょう!

 

初心者の方は、最初はテンプレートに当てはめながら記事を書いてみて下さい。

その方が早く書けます。

そして、早く慣れます。

何回も書いて、慣れてきたら自分の書き方で書いていけばいいのです。

 

さあ一緒に頑張りましょう!!

 

洋一郎でした。

コメント