【SEO】に強くなるタイトルの「付け方」と「文字数」の徹底解説

 

アフィリエイトを実践していると次のようなことがよく言われます。

  • SEO効果を高めるためのタイトルの付け方
  • SEO効果を高めるための文字数

 

じゃあどうすればいいの?

洋一郎です。

 

アフィリエイトで記事を書いて行くと、最初に困るのがタイトルの付け方やその文字数ですね。

 

ここでは、初心者向けにタイトルの付け方などについて解説したいと思います。

 

基本的なタイトルの付け方

 

アフィリエイトを実践していると次のようなことがよく言われます。

  • SEO効果を高めるためのタイトルの付け方
  • SEO効果を高めるための文字数

 

じゃあどうすればいいの?

洋一郎です。

 

アフィリエイトで記事を書いて行くと、最初に困るのがタイトルの付け方やその文字数ですね。

 

ここでは、初心者向けにタイトルの付け方について解説したいと思います。

 

基本的なタイトルの付け方

タイトルは結構重要です!

アフィリエイト初心者は、タイトルをあまり意識していないものです。

私もそうでした。

しかし、自分のサイトの検索順位を上げるためには、とても重要な要素です。

そこで、SEOに強くするためのタイトルの付け方や、文字数についてわかりやすく解説していきます。

ポイント1:キーワードを含める。

タイトルを決める最初のポイントは、読者の注意を引き、「読んでみたいな」と感じるタイトルを付けることです。

言うのは簡単ですが、じゃあどうしましょうというわけですね。

 

まず、タイトルにキーワードを含めることです。

 

読者は、自分が探している情報のキーワードが含まれているタイトルの方が、興味を持ちやすいものです。

また、タイトルにキーワードを含めることは、検索エンジンに、この記事は何のことについて書いているサイトなのかを認識してもらうためです。

 

タイトルにキーワードを含んでいると、検索エンジンは、「あっそ それについて書いてるのね」と理解してくれるわけです。

検索エンジンにできるだけ早く認識してもらうことで、結果的にサイトがインデックスされやすくなります。

 

私のこの記事では、SEOについて書いているので、SEOというキーワードが入っています。

 

ポイント2:キーワードはたくさん含めない!

SEOの効果を高めたいからと言って、キーワードをタイトルにたくさん含めてはいけません。

キーワードをタイトルに書き込み過ぎると、検索エンジンから「このタイトルキーワードの単なる羅列じゃないか!」と判断されてしまう場合があります。

 

これは、検索エンジンから「あなたやりすぎでしょ!」と認識され、ペナルティを受けてしまう可能性もでてきます。

 

ペナルティを受けてしまうと、自分のサイトが検索順位圏外の「宇宙」に弾き飛ばされてしまうことも考えられます。

私もよく宇宙の彼方まで飛ばされました^^

 

タイトルに含めるキーワードの数は、2個又は3個を限界と考えましょう。

 

ポイント3 見やすい内容=さらっと読める!

タイトルは、読者の興味を引くような、見やすい内容にすることを心掛けましょう。

見やす内容というのは、「読みやすい」と解釈して下さい。

さらっと読めるような感じですね。

読むのにひっかかるようでは、ダメです。

 

 

ポイント1で、タイトルにキーワードを含めることについて説明しましたが、興味を引くような、見やすいタイトルであれば、無理矢理キーワードを詰め込まなくても、SEO効果が高まることがあります。

 

検索エンジンは、何を基準にしてサイトを評価しているのかというと、「読者にとって有益な情報を発信している」かどうかです。→ googleがそう言っています!

 

そのため、場合にもよりますが、タイトルにキーワードを含めていなくても、記事中にキーワードがちゃんと含まれていれば、検索エンジンから評価を受け、上位表示される条件にも適合します。

そのため、「タイトルにはキーワードを含めるんだ!」、ということを意識していても、逆にキーワードを入れると不自然になってしまうという場合には、無理矢理キーワードを含める必要はありません。

タイトルに最適な文字数は?

 

検索結果に表示されるタイトルの文字数は、全角入力か半角入力によっても変わってきます。

文字数は何文字が適切?

タイトルの文字数は、28文字から32文字がよいと言われています。

32文字より文字数が超えてしまうと、後の方の文章が「…」という表示になってしまうため、意味がわからないタイトルになってしまいます。

これはもったいないことです。

 

ですから、タイトルの文字数は、28文字から33文字までに収めることが、SEO効果を高めるためのコツです。

 

ただし、極端に短すぎるタイトルにしたり、長すぎるタイトルにするのはやめましょう。

タイトルが短すぎると、読者は何のことについて書いている記事なのかわからず、サイトの訪問に繋がりません。

 

また、長すぎるのも敬遠されます。

あなたも経験があると思いますが、長すぎると読みづらく、スルーした経験があると思います。

 

タイトルの文字数は、28文字から32文字と覚えておきましょう。

やはり読みやすいタイトルがベスト

タイトルを決める上で、文字数を意識することはとても重要です。

 

それにプラスして、やはり読者にとって読みやすいタイトルになっているかです。

読者にとって読みやすいタイトルにするためには、ずばり、読みやすい日本語を使うことです。

 

例えば、漢字の代わりにひらがなで表記したり、具体的な数字なども含めてタイトルを決めることです。

そうすることによって、読者にとって読みやすいタイトルとなり、訪問者が増えてきます。

 

ただし、ここでも文字数が多すぎると、せっかく具体的な数字を入れてタイトルを作成しても「…」で表示されてしまうことがあるので注意して下さい。

タイトルと記事の内容の整合

タイトルにキーワードを含めることや文字数を意識しすぎて、タイトルと記事の内容が整合されいないことにも注意しましょう。

 

記事の内容とタイトルが合っていなければ、それが理由で検索順位が落ちてしまうこともあります。

 

記事の内容を把握し、内容と整合の取れたタイトルを、できるだけシンプルに表示することが大事になってきます。

さらにSEOを高めるため「記事の内容」をチェック!

 

何度も強調していますが、タイトルの付け方や文字数は、SEO効果を高めるための重要な手段になります。

 

そして、タイトルと同等、またそれ以上に重要になるのが記事の内容の濃さです。

読者の悩みを解決できるような記事を書ければ、検索エンジンからも評価され、それだけで上位表示が狙えます。

 

特にサイトを作り始めて間もない初心者は、タイトルの文字数や付け方で悩んだ後は、どうすれば読者にとって有益で、価値のある内容になっているかを真剣に考えていくことが、次のポイントになります。

 

SEOのことばかり注意していて、記事の中身がまったく無く、内容が薄っぺらいサイトは、いくらキーワードがたくさん含まれていても、SEOの効果は上がりません。

 

記事の内容については、また別の記事で説明しますね。

タイトルの付け方でSEOに強くなれる!

 

何度も強調してきましたが、SEOの効果を高めるためには、タイトルの付け方と文字数を意識してサイトを作りましょう。

  • キーワードを含む
  • 文字数は28から32

 

検索エンジンに認識されやすく、インデックスされるまでの期間を短くするためにも、この二つはきっちり守りましょうね。

 

洋一郎でした。

コメント