ワードプレスで目的別の【無料テーマ】5つを紹介!

 

多くのアフィリエイターが利用しているワードプレス(WordPress)の魅力の一つは、豊富なデザインテンプレートが揃っていることでしょう。

洋一郎です。

 

ワードプレスは、誰でも簡単に導入できることですね。

 

そして、無料のテーマでも十分に見栄えのするサイトを作ることができることです。

 

ワードプレスでは、Webサイトを作る時の「ひな型」、「デザインテンプレート」のことを「テーマ」と呼んでいます。

 

今回は、たくさんある無料テーマの中から、使い勝手が良くデザイン性に優れたものを5つを紹介します。

1 企業用サイトでも使える「Lightning」

 

ワードプレスは、カスタマイズ性が高いので、たくさんのサイトで導入されています。

ワードプレスは、ブログのサイトに向いているものと思われていますが、企業や団体などの公式サイトでも使用されています。

 

公式サイトでも通用するサイトを作る場合に、お勧めできる無料テーマが「Lightning」です。

 

ワードプレスは世界中で利用・開発されているので、無料テーマの多くは「日本語非対応」となっています。

これは、しょうがないことです。

 

プログラムの開発などは、ほとんどが英語で構築されているので、日本語だけに限ったことではありません。

そういったテーマを利用する場合は、自力で英語を解読する必要があります。

しかし、「Lightning」は、日本製なので、そのような手間は必要ありません。

 

また、デザインも日本人好みのシンプルなものなので、写真や企業のロゴなどを設定するだけ、見栄えのする企業サイトが簡単に作れます。

 

カスタマイズ性も高く、後々でPHP(ソフトウェアの一種)をいじって機能を追加していくこともできます。

 

すばやくサイトを公開したい」と思っている会社や団体にとって、最もお勧めできるテーマです。

 

>>公式サイトはこちら

2 シンプルを優先したい時は「STINGER」

 

最近のPCは大型画面になったことから、その表示方法も画像を画面一杯に表示するようになりました。

また、動くメニューや、人目を惹くデザインを持ったWebサイトは、大きな魅力があります。

しかし、その反面、問題点もあります。

 

これからワードプレスを導入しようかなと思っている人にとって、設定やカスタマイズが難しいということもあり、いざ導入しても「特定のスマートフォンで見れない」といった問題が発生することもあるからです。

また、通常、「見た目が良い」ということは、データ容量が比例して大きくなるのが一般的で、閲覧者にとっては負担になるかもしれません。。

このような理由から、シンプルなデザインを好むのでああれば、「STINGER」をお勧めします。

イメージとしては、「ブログ風デザイン」なので、最低限の写真やメニューなどしか無いのが特徴です。

シンプルな分、レスポンシブ対応となっていて、様々なユーザーにとって使いやすいデザインになっています。

また、検索エンジンでヒットしやすくなるために必要なSEO対策にも優れています。

 

通常、サイトを公開した直後は、検索エンジンに認識されるまで時間がかかると言われています。

そして、アクセス数が伸びないというのが一般的です。

そのような場合に「STINGER」のようにSEO対策に優れたサイトを利用することで、より早く検索エンジン認識され、サイトの価値が高まることが期待できます。

 

>>公式サイトはこちら

3 もう少しデザイン性を意識したい時は「Cocoon」(コクーン)

 

ブログサイトなどは、文章が必然的に多くまります。

このような時には、シンプルさも大事だけれども、もう少しデザインに凝りたい、細かな機能を増やしたいと思う人は多くいると思います。

そのような場合は、「Cocoon」がお勧めです。

私もこのサイトで「Cocoon」を使っています。

Cocoon」は、かつてシンプルさとカスタマイズ性で人気のあった無料テーマ「Simplicity」の後継テーマです。

「Simplicity」のシンプルさはそのまま残してあり、人気のある機能を追加しているのが特徴です。

 

例えば、ブログサイトでよく使う商品のお勧めランキングや、キャラクターと吹き出しを使った会話形式などを簡単に作ることが出来る機能が追加されています。

また、収益を上げるために必要なアフィリエイト広告にも各種対応しています。

これによって、他のプラグインなどを追加する手間は無くなりました。

 

Cocoon」公式サイトでは、公式のマニュアルだけでなく、利用者が質問や意見を投稿可能なフォーラムが設置されています。

このフォーラムを利用することによって、同じ問題が起きた場合に専門家の力を借りたり、他の人と情報が共有できます。

将来、自分でカスタマイズしたいと思っているなら、こういったサービスが利用可能なテーマならば安心ですね。

 

私も、使用方法やカスタマイズをこのフォーラムで検索し、解決させてもらっています。

 

私が気に入っているのは、シンプルな作りとプラグインがあまり必要ないことですね。

 

ちなみに、「Simplicity」もまだ使っています。

 

>>公式サイトはこちら

4 画像がメインのサイトなら「PORTFOLIO」

 

文章だけではなく、写真や作品など画像を全面に出し、公開したい場合は、「ポートフォリオ向け」と呼ばれるテーマを探すと良いです。

そのポートフォリオの中でもお勧めが「PORTFOLIO」です。

 

シンプルな白い背景に画像がずらっと並び、一目見ただけで複数の作品を閲覧できます。

そして、アニメーションで説明文の表示などが挿入できるので、閲覧者は二度楽しむことができます。

 

ポートフォリオ向けテーマの場合、大小の異なった大きさの画像が並ぶデザインには、強いインパクトがあります。

この方法も人気がありますね。

しかし、「PORTFOLIO」のデフォルトは、画像の大きさが整然と揃っているので、初めての人は直感的に利用しやすいということが特長でsね。

また、シンプルな作りは、ギャラリーのように落ち着いた感があり、じっくりと「落ち着いて見て貰いたい」という場合には最高だと思います。

 

>>公式サイトはこちら

5 ECサイトも作れる「Virtue」

 

ワードプレスは、ECサイト(ネットショップ)も作成もできます。

ただし、ECサイトの場合はブルグなどとは違って、商品画像や説明の見やすさなどに加えて、カード決済機能やセキュリティなどにも注意が必要になります。

そのようなことから、ECサイトを作るのであれば、「ECサイト向け」と言われているテーマを導入した方が良いです。

その中でお勧めできるのが「Virtue」です。

 

Virtue」は、デザイン的にも優れているだけでなく、決済に関係したプラグインを最初から搭載しているので、少しのカスタマイズで簡単にECサイトとして公開することができます。

また、ECサイトを個人で運営する場合、商品情報などをしっかり記述するSEO対策を確立しておかないと、大手ECショップの影に隠れてしまいます。

こうなると、アクセス数を伸ばすことが難しくなります。

 

大手ECショップに対抗するためには、閲覧者が読みやすい文章ページなどが重要となってきます。

 

Virtue」はそういった部分のデザイン性にも大変優れています。

Virtue」は、更に細かい設定や機能を利用できる有料版もあります。

事業を拡大する場合など、グレードアップさせる可能性がある場合にも適しています。

 

>>公式サイトはこちら

用途に合わせて無料テーマを選びましょう!?

 

5つの無料テーマを紹介しました。

 

人気の無料テーマの中には、有料のテーマと遜色ないデザイン性や機能性に優れたものが沢山あります。

 

いろいろなテーマを見ていると、目移りしてしまうかもしれません。

 

このような時は、まずは自分のサイトの「ジャンルや目的」に応じたものを選ぶことが大切です。

 

幾つか無料テーマに絞って、実際にテーマをインストールしてみて、自分のイメージに合ったものを探し出すと良いでしょう。

 

洋一郎でした。

コメント