レンタルサーバーとVPSはここが違う!違いと特徴を解説!

 

最近、個人でサーバーを借りる時、レンタルサーバーの他にVPS(バーチャル・プライベート・サーバー)というものが登場してきました。

そして、レンタルサーバーとVPSの違いは何?だいたい同じもの?と疑問を抱えている方もおられます。

 

洋一郎です

最近、レンタルサーバー会社には「VPSはどうですか?」とVPSを推奨し、売り込みをする所もでてきています。

もし、初心者の方で、VPSを勧められることがあったら、この解説記事を読んで参考にして下さいね。

VPSを一般的に仮想サーバー、仮想専用サーバーと呼んでいます。

レンタルサーバーとVPSの違いと特徴

ここでは、最近よく聞かれるVPSの概要と、レンタルサーバーとの違いについて解説します。

レンタルサーバーとVPSが、「大して変わらないんじゃない?」と思われても仕方がないです。

それは、これはどちらも「共有のサーバー」を借りる点では同じだからです。

しかし、同じように見える2つのサーバーには異なる点がいくつかあります。

 

レンタルサーバーとVPSのサーバー内部の構成を下に示します。

 

 

VPSは、サーバー1台を複数のユーザーでシェアして使います。

そして、各ユーザーごとに割り当てられる「仮想サーバー」の中で、レンタルサーバーよりも自由に環境を構築することができます。

レンタルサーバーでは、アプリやメモリは共通ですが、VPSでは個々のユーザーが自分の希望に合わせて設定できるところが違います。

VPSは自由度が高い。

VPSは、バーチャル・プライベート・サーバーの略で、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」になります。

名前だけでは、その違いがよくわかりませんね。

しかも、1台のサーバーを複数のユーザーで利用するという点では同じです。

 

VPSとレンタルサーバーの大きな違いとして、自由度という考え方があります。

VPSは、仮想として利用できるように専用サーバーが設定してある所が特長です。

 

レンタルサーバーでは、ユーザー全員が同じOSを使います。

VPSでは、それぞれのユーザーごとに、仮想のゲストOSを構築していきます。

共用部分だけ、OSの設定は同じです。

 

また、VPSは、ユーザーごとに設定したOSは、互いに干渉することはありません。

他のユーザーがトラブルを起こして障害が発生しても、他のユーザーは影響を受けることはありません。

そして、OSによって動くソフトウェアが異なるので、希望するソフトウェアを自由に選ぶこともできます。

 

個人で違うOSを使ってもいいですよ」、ということですね。

自由に使える環境が広がっています。

使い勝手は、VPSでもレンタルサーバーと同じ感覚です。

最低価格が違います。

 

レンタルサーバーとVPSは、そのレンタル料の幅はほとんど同じですが、レンタルサーバーは、お試し期間などがあり、その期間は無料で使うことができます。

VPSの場合は、ほとんどが有料で、最低でも数百円はかかります。

無料で使えるVPSというのは、ほとんど無いと思います。

ただし、レンタルサーバーを無料で借りると、たまに広告が入ることがありますよね。

サーバーの構築や保守の仕方が違います。

 

レンタルサーバーでは、レンタル開始からレンタル業者側が保守や構築をしてくれます。

また、専門知識が無くてもサーバーを利用することは難しくないですよね。

手順に沿ってインストールをしていけば、完了するものがほとんどです。

 

しかし、VPSはサーバーの初期設定、構築、運用まで、ユーザー自身が行う必要があります。

そのため、オリジナルの自分独自のサーバーを構築することができます。

これらの意味は、VPSを使う場合は、ユーザーの「知識とノウハウが必要」になるということです。

どんなタイプのサーバーにするのか、という専門知識が無ければ、利用するのは難しいです。

一からサーバー自体を作っていくことになりますからね。

 

また、高性能の機能を持たせるため、サーバーの種類を選ぶことができます。

 

物理的なサーバーの管理は提供するレンタル会社側が行います。

これは当然と言えば当然ですね。

サーバーが壊れたから、ユーザーが現場に行って直すことはありえませんから。

外部からの影響は、受け方が違います。

レンタルサーバーは、あくまでもサーバーを1個体として利用します。

そのため、外部からの影響を受けることがあります。

例として、他の人が何か問題を起こしたとしましょう。

その時、同じサーバーを使っていると、完全に区分されているわけではないので、他のユーザーからの影響を受けるというわけです。

 

他方、VPSであれば、外部からの影響は原理的に受けません。

VPSは、それぞれのユーザーごとに区分けされているので、お互いが干渉しないようになっています。

外部で問題が起きたとしても、サーバーを使っているユーザー全てに影響が出るとは限りません。

一部のユーザーのみ影響を受ける可能性はありますが、全てのユーザーが同様の影響を受けることはありません。

ユーザーが違います。

レンタルサーバーを使う人は、ライトユーザーが多いと思います。

ブログサイトやアフィリエイトサイトをインターネット上に公開する時などに利用するのが、ほとんどだと思います。

ライトユーザーは、サーバーに関しては「利用できればいい」という考えている人がほとんどではないでしょうか。

 

一方で、VPSを使う人は、独自にアプリを使ったり、仮想OSを使ったりすることを想定しています。

オンラインゲームのサーバー構築などは、VPSを利用しています。

専門的な高い技術を持った人が利用するのがVPSと言っていいでしょう。

VPSは、専門知識が必須

レンタルサーバーを利用するときには、サーバーに関する知識はあまり必要ありません。

利用する方法を知っていれば、活用することができると思います。

レンタル会社のマニュアル通りにすれば、サーバーの構築は出来ますからね。

 

しかし、VPSを利用するのであれば、専門知識の必要性がぐんと上がります。

特にサーバーに関する専門知識が無いと、設定や構築ができないでしょう。

専門知識を持っているエンジニアでも、サーバーの構築には苦労したという話も聞いたことがあります。

初期設定だけでも、何度もトライすることがあるそうです。

 

一般的にサーバーに関する知識は汎用性が無いと言われています。

特殊な技術とも言えます。

始めから専門知識を持ってなければ、苦労する確率は高いと思います。

レンタルサーバーとVPSとの違いについてまとめ

レンタルサーバーとVPSの違いをまとめると、次の表のようになります。

レンタルサーバー VPS
導入・運用コスト 低い 低い
自由度 低い 高い
管理者権限 ない ある
サーバーの構築 サーバー会社 ユーザー
保守メンテナンス サーバー会社 ユーザー
OSの選択 できない できる
OSのカスタム できない できる
独自アプリのインストール できない できる
ハードウェアのカスタム できない できない
他のユーザーの影響 受ける ほとんど受けない

 

結論として

初心者が、VPS(仮想専用サーバー)を使用することはまず無理です。

VPSは、専門的知識がどうしても必要になります。

結果として、初心者は、レンタルサーバーを借りるのが一番安全で確実ですね。

 

 

洋一郎でした。

 

 

コメント